被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと

被リンクとは、
外部のサイトから設置された
対象サイトへのリンク
のことを指します。

検索エンジンは良質なサイトの検索順位を上げます。
被リンクを受けているサイトは良質なサイトが運営されていると判断されやすい為、SEO対策として非常に重要な手段です。

外部対策として重要な役割を担う被リンクを是非ともこの機会に取り入れてみましょう。

キーボードとSEOの文字

様々なサイトがある中でも、特にSEO効果が高いサイトとそうではないサイトがあります。
実はSEOに効果があるのではないかとされているのが「被リンク」です。
被リンクとはいったいどんなものでしょうか。

被リンク(バックリンク)被リンクとは、平たく言えば外部から受けるリンクのことです。
外部からリンクを受けるため、内部のリンクは関係がありません。
サイト内のさまざまな位置に移動するリンクとは違い、被リンクは基本手に外部サイトからのリンクとなります。

実はこのリンクにも、良質なリンクと悪質なリンクというのがあります。
リンクの質というのは、単純に言えば「信頼性の高いリンク元からのリンクなのかどうか」という事に尽きます。
例えばサイトの運営者がどういう団体なのか分かっているサイトとそうではないサイトがあるとしたら、やはり運営者が明確なサイトからのリンクの方が良質です。
特に教育団体や政府機関などからのリンクは、かなり優れていると考えていいでしょう。

リンクイメージのイラスト

ちなみにこのリンクの影響力のことをリンクジュースといいます。
リンクジュースはそのリンクの質や発リンク(こちらから張るリンク)の影響力を指します。
ジュースといっても飲むジュースではなく、影響力のことを指すのです。
実はそのサイトの影響力はリンクを張ることによって、その影響力の影響を与えるし、当然被リンク側は影響を受けるでしょう。
これらはSEO効果もあるとされているのです。

この被リンクや発リンク、またリンクを合った外部サイトのページランクや被リンク数、ドメインの有用性などによって、SEO効果は変わってきます。
また、そのリンクが自然発生のナチュラルリンクかどうか、という事も検索エンジンは判断する傾向があります。
短期間で不自然なほどのドメイン数のサイトにリンクを張られると、今度はリンクのメリットがデメリットになりかねません。

このため、基本的にはナチュラルリンクを狙うのが基本です。
検索エンジンも被リンク数やドメイン数などをチェックしてページランクに影響を与えるので、リンクの与えるメリット・デメリットには敏感になる必要があるのです。
特にこの記事ではリンクに対するSEO効果などについても解説していきます。
特に外部サイトから受けるリンクの数はかなり重視されますが、一方でどれもこれもただむやみにリンクを得ればいいわけでもない、という事も知っておきましょう。