被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと
被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと > 被リンクによるGoogleペナルティを受けた時の手順

被リンクによるGoogleペナルティを受けた時の手順

リンクは基本的に受ければうれしいものです。
ですが、被リンクを受けた時には必ずしもいい事ばかりとは限りません。
質が低いリンクや悪質なリンクを豊富に受けた場合、実はGoogleはそのサイトにペナルティを設定し、サイトの検索結果の順位を下げる場合があります。
このような検索順位の低下をGoogleペナルティといい、悪質なSEOを行うサイトやサイトオーナーに対しては脅威となっているのです。

この状態はいくつかあり、例えば検索順位が一時的に下位になったり、検索サイトで検索しても出てこないなどのことがあります。
サーチコンソール上で警告が出たりする場合もあるようです。
サイトが検索サイトに出てこないのはインデックス削除といい、かなり大きな問題を起こしたと判断される場合もあるでしょう。

とはいえ、このペナルティに対しては異議を申し立てることができます。
これはGoogleサイト内のサーチコンソール内にある「再審査リクエスト」という中から、再度サイトやリンクについて審査してもらわなくてはなりません。

この場合は不自然なリンクを外すことから考えましょう。
もしあなたが変なサイトから被リンクを受けていたり、サーチコンソールから警告メッセージが来ているのであれば、そういった被リンクを受けているかどうかを調べ、改善することができます。
例えばあなたが何か変なサイトからのリンクを受けているのであれば、リンクを否定したり実際にそのリンクを消す、消してもらうなどの方法があります。
こういった方法でまずは被リンクを外したり、リンクを否認するなどの対応を行いましょう。

次に、この後に再審査リクエストを送りましょう。
再審査リクエストは実は解除期間というのがあり、期間内に審査を受ける必要があります。
特にペナルティは自動ペナルティというのと手動ペナルティというのがあるのです。
特に手動ペナルティの場合は警告があり解除機関の間に対応しなくてはなりません。

一方、自動ペナルティは解除期間などはなく、すぐにインデックス削除などの問題が起こるでしょう。
とはいえ、その一方でサイトを改善すると自動的に解除されることもあるでしょう。

基本的にサイトマスターあての警告メッセージが来た場合、すぐに対応するのが一番です。
対応方法もGoogleは公開していますので、それに応じて改善するなり、再審査リクエストをしっかり行っておきましょう。