被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと
被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと > 被リンクの数と検索順位の関係はどうなっているのか

被リンクの数と検索順位の関係はどうなっているのか

検索上位の文字と虫眼鏡

さて、被リンクの質についても大事ですが、やはり数は大事なものです。
基本的にGoogleは昔から、被リンクの数についてはかなり重視しています。
それでは、被リンクの数と質についてはどういう関連性があるのでしょうか。

まず、これは昔からなのですが、Google上では被リンクの数はある程度重視しています。
リンクが多ければ多いほど、被リンクの質はとても重視しているようです。
基本的にリンクの数と検索順位にはある程度比例関係がありますので、リンクの数はSEO対策に影響することは少なくありません。

ですが、ただ単純に被リンクを多く貰えばいい、というわけでもないようです。
被リンク数がおいことは確かに良い事なのですが、同時にそれぞれのリンクの質も重要なのです。

リンクの質についていえば、内部リンクと外部リンクというのがあります。
内部リンクとはサイト内部からのリンクで、サイト内のページごとにつないだリンクになります。
実は最近はWordPressなどブログシステムやサイト作成を効率的にできるシステムがあるため、比較的リンクが多く発生する傾向があるのです。
外部リンクとはサイト外からのリンクで、ほかのドメインやほかのサイトからのリンクを指します。

この両方のリンクがある中でも、どちらかといえば重要なのは外部リンクです。
外部リンクはサイト外からのリンクなので、サイト内部のリンクをどのように工夫してもそう簡単に得ることができません。
この外部リンクの方をGoogleは重視しているとされています。

ただし、この場合はサイトの被リンク数と内容も重視するようです。
というのも、被リンク設定の中でもキーワードが適切な物かどうか、サイトのコンテンツがどのように関連性があるのか、という事を判断する傾向があります。
特に被リンクを受けた突起にキーワードがどのようなアンカーテキスト7日、コンテンツがどのような物か、そのリンク先のサイトと関連性があるのか、というようなことを判断します。

SEO対策として、とにかくリンク数を稼げばいいという時代が過去にありました。
ところが、それは今の時代では否定されています。
Googleの技術が進歩したこともそうですが、被リンク設定が一度にたくさん生まれたような場合も不自然とされる場合もあります。
自然発生的に発生するようなリンク数の自然さや、リンクの発生頻度も重視される傾向があるとされているのです。