被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと
被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと > 評価の良くないサイトからのリンクは排除できる

評価の良くないサイトからのリンクは排除できる

被リンクについては数だけではなく質も大事、という事はお伝えしました。
原則、被リンクの数は大事なものですが、被リンクの質も重視されます。
とはいえ、被リンクを受けても質が低いサイトからのリンクを受けた場合、どの様にすればいいのでしょうか。

まず、単純にその被リンクが本当に価値があるかどうか、という事を確認しなくてはなりません。
単純にサイトのコンテンツ量が少ないだけのサイトというのであれば、一概に検索順位に悪影響を与えるとは限らないのです。
この場合、Googleが作成しているサイトの品質ガイドラインという文章をチェックしましょう。
これはGoogleが提供しているコンテンツで、サイト運営者やサイト管理者はどういう風にサイトを作ればいいか、という事が提示されています。
この中には一般的なサイト運営でやってはいけない事や、サイトの品質が低いと判断される基準があります。

もしここで読んだ内容に引っかかっているような場合、Googleペナルティを受ける可能性があります。
これは低品質なリンクを受けたことにより、Googleが悪質なサイトだという事でサイトの評価をマイナス評価にし、検索順位低下につながるでしょう。
そうなるとサイト閲覧者数が減ります。

こうならないためには、リンクを否認するリンク否認ツールを使いましょう。
これはGoogleペナルティを受ける前、あるいは受けた後にどのようなリンクになっているか、またどのリンクを否認するか、というようなツールです。
この場合はGoogleWebマスターツールを活用しましょう。
その中のリンク否認ツールというのがあります。
そこからリンクを申請すると、不適切なリンクを否認することができます。

詳しい手順はWebマスターツールの説明を読みましょう。
内部の解説に手順なども書かれていますから、その通りに作業をしてください。

また、外部ツールを使う場合は少々注意が必要です。
外部リンクの内容をチェックできるツールは多くありますが、リンク否認までできる外部ツールは存在しません。
基本的にはGoogle内のWebマスターツールからマイナス評価を取り除くための手続きをするしかないのです。

もし検索順位低下を気にするようであれば、まずは品質ガイドラインをチェックしてみましょう。
明らかに低品質なサイトからのリンクだというのであれば、Webマスターツールからリンク否認をするようにしたいものです。