被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと
被リンクとは、外部サイトから受けるリンクのこと > SNS、特にTwitterはどのくらい影響があるのか

SNS、特にTwitterはどのくらい影響があるのか

黒板に書かれたsocialmediaの文字

最近では、SEO効果が出るもののひとつに様々なSNSがあります。
これは様々なSNSにリンクを張ってもらったり、言及があったり、ファボ数やシェア数、リツイート数があるとそれだけでSEO効果があるのではないか、というものです。
基本的にこれはGoogleも肯定しており、シェア数なども影響を与えるという事は否定できません。

SNSの中でも特に拡散性があるのがTwitterです。
TwitterはSNSの中でも幅広く影響を持ち、なおかつ大きな拡散性を持ちます。
このため、検索順位に影響を与える可能性はとても高いでしょう。
また、Twitter自体はTwitterを介した様々なサービスがありますし、Twitterと関連したサイトも少なくありません。
それらのサイトにリンクが発生することもあり、SEO効果が全くないとは言い切れないのです。

とはいえ、昔ほど良い効果があるわけではないかもしれない、というのが主流の見方となっています。
その最も大きな理由が、Twitterそのものがnofollowをしているから、という事があるでしょう。
nofollowとはサイト内でそのページは検索サイトに反映されない、というようなサイトの意向を示す要素です。
これは検索サイト上で必ず検索順位に反映されるとは限りませんが、ある程度効果を持つとされています。
このため、もしかしたらあまりいい影響を与えないかもしれません。

また、ツイートそのものとフォロワーにデータが上手に届くかどうか、という事はあまり関連性が無い傾向があるのです。
というのも、最近ではTwitterのフォロワーへ適切に状況が届くとは限らないので、仮にフォロワー数が多いアカウントで取り上げてもらっても、あまり多くの閲覧数に届くとは限りません。
また、Twitter上で多くツイートされているかどうか、という事やシェアされているか、という事も確認する必要があり、比較的大変になる傾向があるようです。

ですが、やはり多く拡散したものはリンクも多く得られるため、自然と検索順位が上がる傾向はあります。
たくさんのサイトに取り上げてもらう可能性も高くなり、リンクも多くなるでしょう。
また、GoogleがSNSの影響を評価しないという訳ではありません。
このため、必ずしも影響がないとは言い切れない傾向があります。
過剰に期待するのはよくありませんが、影響が全くないとも言い切れないというのが現状です。